少なくなった頭部に髪のボリューム感がよみがえる自毛植毛

男性

手術後に出来たかさぶたの痒みの対処策

自毛植毛の手術をした後に、多くの人が日常生活を送ることで気がかりとなることの1つとして、かさぶたの痒みがあります。気になる方も多く、頭をボリボリと掻いてしまう方も多いのではないでしょうか?しかし、そうしてしまうと大変なことになってしまうのです。
手術をした後にかさぶたが出来るのは、自毛植毛をした経験がある人であれば、誰にでも起こる症状です。かさぶたはメスを使って髪の毛を移植する、FUT法で1番多くできます。手術した3日前後で移植した部分がかさぶたとなり、2週間程度で自然となくなります。
パンチという先がとがっている金属で毛根を抜いて、移植部分に移植するFUE法でも、手術3日前後はパンチで毛根を抜いた場所には赤色の点々が出来ます。これもかさぶたなのですが、目立つこともなく、1週間もあれば治ります。
もし、痒さに負けて頭を掻いてしまったら、再び流血してしまいます。治りかけの傷は?かないことに限るのです。
しかし、どうしても痒さに耐えられない場合は、手術が終わっても専門のクリニックを何回か通院することになるので、担当の先生に相談しましょう。内服薬や外用薬を出してもらうことができます。
また、痒くならないもう1つの方法として、なるべく頭皮を清潔にしておくのもよいでしょう。そうすると、衛生面からしても感染症にかかりにくく、髪の毛の成長の促進につながります。

コンテンツ一覧

2017年10月06日
毛を生まれ変わらせる自毛植毛を更新しました。
2017年10月06日
手術後に出来たかさぶたの痒みの対処策を更新しました。
2017年10月06日
自毛植毛の種類についてを更新しました。
2017年10月06日
自毛植毛のクリニック選びで失敗しないを更新しました。
TOP